紙風船

下痢止めの香(か)も芳(かぐわ)し紙風船 み

春の闇

誰何(すいか)して鯉口(こいぐち)を切る春の闇 じ

綾取

綾取(あやと)りのマジックに指触れ初(そ)めぬ み

薄氷

薄氷(うすらい)割り剥がし それっ手裏剣(しゅりけん)だ み

紅梅、白梅

紙切り名人 紅梅(こうばい)に白梅(はくばい) み

雪見障子

雪見障子の座敷で お好み焼き み

白雪

引込線(ひきこみせん)の無蓋車(むがいしゃ)も白雪(しらゆき)に み

大晦日、寒雷

寒雷(かんらい)に震える夜汽車、大晦日 み

寒卵

コッコココ 寒卵(かんたまご) まだ温(あった)かい み

古暦

ラジオの曲 慌(あわ)てメモる 古暦(ふるごよみ) み

河豚、煮凝

河豚(ふぐ)の煮凝(にこご)り 舌に電気が走る み

ジャンパー

叔父のジャンパー着た 煙草の匂いだ み

炭焼小屋

あの煙、 叔父の栖(すみか) 炭焼き小屋 み

柑子蜜柑

柑子蜜柑(こうじみかん) 皮ごと喰えるか競う み

松手入

通学路 『甚兵衛屋敷(じんべやしき)』は松手入(まつてい)れ み

椎茸

椎茸(しいたけ)の薄切りが虫に見えた日 み

あいの風

駅弁買おと窓上げる…あいの風 み

蜩(ひぐらし)を聞いた気がする自習室 み

海月、海水浴

君にもあったか 膝に海月(くらげ)の痕(あと) み

アロハシャツ

アロハシャツ 雑踏の皆 我避(よ)ける み

サンダル

サンダルが片方熔(と)けるアスファルト み

麦茶

大薬缶(おおやかん) 麦茶、熱いか冷たいか み

夏帽子

百葉箱の白、キャペリーヌの白 み

南風

南風(まぜ)の夜(よ) 飲み屋のテレビはハワイアン み

水羊羹

洗面器の竹筒は水羊羹(みずようかん) み

春雷

バス停の告白 遮(さえぎ)る春雷(しゅんらい) み

歯にカチリ 猟の散弾 雉(きじ)ソテー み

東風、凧

不細工な凧 千切れ飛ぶ 東風(こち)の浜 み

ぶらんこ

ぶらんこの 前に立ち 額(ひたい)打ち 泣く み

潤目鰯

丸干しの潤目鰯(うるめいわし)の臭(くさ)き浜 み