蝉氷

戸の隙間 朝日の軌跡 蝉氷(せみごおり) み

豆撒(まめまき)

いつ撒(ま)いた豆かを知らず掃除機の み

霜夜

六等星まで見えてたあの霜夜(しもよ) み

初釜

初釜は火傷(やけど)しそうな缶コーヒ み

熊手

大熊手(おおくまで)揺れて瞬断(しゅんだん)銀座線 み

秋宵

遊べ遊べ、秋宵(しゅうしょう)のチャイムなんか み

干し柿

祖母の干し柿のホコリ、拭うべきか み

黄昏、夜業

黄昏(たそがれ)に夜業(やぎょう)へ父は保線員 み

鬼灯

鬼灯(ほうずき)の実をプチュと赤き唇(くちびる) み

盆踊り

「コレガ盆だんすデスカ?」 ちょちょんがちょん み

夏座敷

夏座敷、鼠も猫も通り抜け み

団扇

焚き付けを扇(あお)げば魔人(まじん)出る団扇(うちわ) み

ぶらんこ

このブランコを大回転させたね み

子雀

子雀が米粒つつく操車場 み

遅日

実家にて遅日(ちじつ)の退屈くつくつ み

着膨れ

着膨れの我慢大会25℃ み

月夜

塾帰り、うっかり無灯火の月夜 が

薄墨(うすずみ)のササと席画に庭の菊 み

遠浅(とおあさ)へ竿振り鱚(きす)釣る父と子 み

トマト

青臭いトマトは醤油または塩 み

車前

この一番(いちばん)に出す車前(おおばこ)は手負い み

誘蛾灯

「君は誘蛾灯(ゆうがとう)」 なにそれ意味不明 ま

夏夕べ

夏夕べ欠伸(あくび)指南(しなん)の屋形船 み

遠花火

銭湯へ遠花火(とおはなび)背に二人乗り み

蚊取線香

渦(うず)分けるとき折れる蚊取線香 み

風鈴

風鈴屋台(ふうりんやたい)にカオス降臨せり み

素麺、冷麦

『素麺(そうめん)』か 『冷麦(ひやむぎ)』か 色付きの有無 み

冷房

たどり着く機械室の強冷房 み

夏至夜風

夏至夜風、石段下る下駄の音 ま

扇風機

扇風機のボタンを足で押す嫁 ま