青簾

青すだれ朝の日射しに匂い蒸す み

麦秋

彼(か)の地の麦秋(むぎあき) 空の青と穂の黄 み

李の花、蜂

養蜂(ようほう)の箱が並(なら)べば李(すもも)咲き み

アスパラガス

ガス抜きか…食材に載る『アスパラ』よ み

ロベリア、蝶

ロベリアにどちらが蝶か花弁(はなびら)か み

筍飯

お焦げあり筍飯(たけのこめし)の艶(つや)やかさ み

鈴蘭

鈴蘭の純でもあり鈍でもあり み

アマリリス

アマリリス、力(ちから)の誇示を哀れむや み

豆飯(まめめし)、ビール

豆ごはん炊ける頃合いビール出せ み

ヒヤシンス

ヒヤシンス、根が支配するガラスの世 み

パンジー

パンジー見るやロールシャッハテストに み

雀の子

ベランダで吾(あ)の悪口を雀の子 み

春終わる、汗

ワイシャツの背の汗ぞ春終わりける み

馬酔木の花

馬酔木(あせび)折っても花を誰にか見せむ み

春蝉、春セーター

春蝉がとまるセータ女子高生 み

亀鳴く

亀鳴くか 本当(ほんと)は何が 鳴いたのか み

菜の花

一面の菜の花や無想の平和 み

桃の花

桃の花、雨を伝ひて空に色 み

ネモフィラ

飛び込めば柔(やわ)かろう ネモフィラの『海』 み

桜蘂降る

再会の桜蘂降(さくらしべふ)る夜ノ森に み <2022年、立ち入り規制緩和>

春落葉

木それぞれ事情のあらむ春落葉 み

春雨

春雨(はるさめ)に赤い傘借りる躊(ためら)い み

春の日

春の日に絵葉書届き移住知る み

春の蚊

春の蚊か気配探れば耳鳴りよ み

潮干潟、蟹

蟹釣れば 護岸は薄暮(はくぼ) 三番瀬 み

春陰

春陰(しゅんいん)には桃色牡丹の紬(つむぎ) ま

稚鮎放流

稚鮎(ちあゆ)放流に『自然』を考える み

紙風船

下痢止めの香(か)も芳(かぐわ)し紙風船 み

向日葵

向日葵(ひまわり)の群れこちら見る北の窓 み

弘法麦

波風(なみかぜ)に耐え 弘法麦(こうぼうむぎ)の花穂(はなほ) み