蝉氷

戸の隙間 朝日の軌跡 蝉氷(せみごおり) み

枯庭

枯庭の掃出し窓に訪問者 み

積雪(せきせつ)

雪の積もった信号機、ピッポ―ピ… み

湿気寒

開かずの蔵を開ける。湿気寒(しけさむ)の風 み

畳替(たたみがえ)

畳を替えれば縁(へり)に二度躓(つまづ)く み

隙間風

戸を開け放て。隙間風(すきまかぜ)はなくなる み

秋簾

「現空(げんくう)」なのにベランダに秋簾(あきすだれ) み

秋の戸

秋の戸の門扉(もんぴ)の錆(さび)が固すぎて み

秋湿り

秋湿(あきじめ)りの町 声が満ちる酒場 み

秋日和

あのビルをお前にやろう。秋日和 み

秋水

秋水(しゅうすい)の湖畔に城か発電所 み

風死す

「ペンキぬりたて」の遊具に風死して み

夕焼

新居ならまだカーテンはなく夕焼(ゆやけ) み

夏座敷

夏座敷、鼠も猫も通り抜け み

日焼け

縁側に晒(さら)した足裏が日焼け み

『評価5』の宿なの通気口に黴(かび) み

網戸

キーキーと網戸が開(あ)く隣戸の朝 み

霞(かすみ)

塔から瞰(み)れば街の愁いは霞(かす)み み

春浅し

春浅し願いの橋は未成道 み

霜の花

隠れ家は歪(ゆが)むガラスに霜の花 み

風雪

風雪に屋根の十字架なお蒼(あお)し み

嚏(くしゃみ)

くしゃみ出る。なにかの化学物質が み

露凍る

露凍り落書きキラリ地下歩道 み

鈍色(にびいろ)の雪の町、夕餉(ゆうげ)の煙 み

冬館

冬館(ふゆやかた) 名探偵が なぜかいる み

雪催

雪催(ゆきもよ)い、階下でドアの閉まる音 み

干柿

摩天楼(まてんろう)を見張る出窓に干し柿 み

小春日

ランチへ着込んでビル出ると小春日 か

秋澄む

秋澄んで向かいのビルの会議見え か

庭木刈る

庭木刈る。解体するかこの家も み