雪折

雪折れの枝のささくれ胸裏(きょうり)見え み

寒椿

寒椿(かんつばき) 一輪挿して 仕方なし み

アロエの花、目白

浜のアロエの花に蜜吸うメジロ み

水仙

水仙活けて 空気清浄機かな み

冷たし、葉牡丹

葉牡丹(はぼたん)を剣山(けんざん)に刺す指冷た み

末枯

末枯(うらが)れや枝を離れれば自由よ み

冬薔薇

冬薔薇に路地(ろじ)迷い込み他人(ひと)の家 み

橘始黄(たちばなはじめてきばむ)、熱燗

右近(うこん)の橘(たちばな)黄ばむ。熱燗(あつかん)かな み

散紅葉(ちりもみじ)、初雪

川面(かわも)に散る紅葉(もみじ)、と見れば初雪 み

クレマチス

クレマチス 夏の季語なの 冬咲きも み

紫雲木の花(しうんぼくのはな)

ジャカランダの花に良き風の都 み

帰り花

「ほらここ」と指さす人や帰り花 み

草紅葉

古火山(こかざん)の岩肌 燃える草紅葉(くさもみじ) や

皇帝ダリア、天高し

天高き皇帝ダリアは見下(みくだ)す み

秋時雨

山々は錦繡(きんしゅう) 街は秋時雨(あきしぐれ) み

菊人形

菊人形、追いかけてきそうでイヤ み

観楓

緋毛氈(ひもうせん)に寝っ転がって観楓(かんぷう) み

椰子の実

椰子(やし)の実の落ちて凹(へこ)みのメルセデス み

銀杏

庁舎前、銀杏(ぎんなん)拾う定年後 み

薄墨(うすずみ)のササと席画に庭の菊 み

初紅葉

仁清(にんせい)の皿にうつれる初紅葉 み

竹春

嵯峨野線を渡って竹春(ちくしゅん)に入(い)る み

吊忍

父の吊忍(つりしのぶ)、軒下にそのまま み

雷鳴、浮葉

雷鳴や浮葉(うきは)の雫(しずく)ブルッとな み

車前

この一番(いちばん)に出す車前(おおばこ)は手負い み

瓢箪

瓢箪(ひょうたん)や中身不用の実を結び の

凌霄の花

凌霄(のうぜん)の花敷く径(みち)に其はあやか み

蓮見

四時に起こされた。『蓮見(はすみ)』というらしい み

綿柎開(わたのはなしべひらく)、巻雲

綿柎開(わたのはなしべひら)き巻雲(けんうん)を吐く み

花園

花園の向こう 父の口は『ヘ』の字 み