帰り花

鬱々(うつうつ)と歩き 帰り花に気づく み

冬紅葉

『ベテラン』は誉め言葉かな冬紅葉(ふゆもみじ) み

木の葉

このページに木の葉挟んだ理由は? み

山茶花

山茶花(さざんか)や曲がるつもりのない角(かど)に み

銀杏紅葉

銀杏紅葉(いちょうもみじ)の下、 「顔色悪いね」 み

真赭の糸

「頑張れ」と言われてもな…真赭(まそお)の糸 み

山法師

山法師(やまぼうし) ピエロの鼻の実をつけて み

苦参引く

うっ、これは? お婆(ばあ)、苦参(くらら)を煎じたな じ

秋桜、秋の蜂

コスモスに来る蜂は 花粉が目当て み

背高泡立草

背高泡立草(せいたかあわだちそう) 帰化何年目 み

菊の香と 砂利の足音 黙礼す み

金木犀

知らぬ間に 金木犀(きんもくせい)に 操(あやつ)られ み

思草

思い草 花の形が 崩れてく み

山の錦、吾亦紅

投錨地(とうびょうち) 山の錦に 吾亦紅(われもこう) み

曼殊沙華、野分

曼殊沙華(まんじゅしゃげ) 野分(のわき)に倒れ 朱(しゅ)の潤む み

牛蒡掘る、マリーゴールド

牛蒡(ごぼう)掘る マリーゴールドの種採る の

蕎麦の花

蕎麦(そば)の花 休耕田の水捌(みずは)けは? の

零余子

零余子(むかご)の役目を知らず 炊き込み飯 み

韮の花、秋の蝶

韮(にら)の花 蜜吸う蝶は 風に耐え み

庭木刈る

庭木刈る 「清々(せいせい)した」と 母ぽつり み

萩の花、残暑

萩の花 残暑を連れ攫(さら)ってくれ み

仙人草、稲刈り

仙人草見て 稲刈り機を試動 の

ガーベラ、花手水

花手水(はなちょうず) ガーベラを沈める いけず み

朝顔

何色(なにいろ)であったか 萎(しぼ)んだ朝顔 み

蓮、竿灯祭

<回想でよむ。2021年、秋田竿灯祭はコロナ禍のため中止> 蓮(はす)は折れ 妙技大会 竿撓(しな)る み

ダリア

「どちらか」でなく 「どちらも」である ダリア み

夕菅

夕菅(ゆうすげ)は一夜の夢に種の保存 み

睡蓮、Claude Monet

『睡蓮(すいれん)の池』に睡蓮(すいれん)が咲く 今朝 み

吊忍

蒼穹(そうきゅう)に浮かぶ島かや吊忍(つりしのぶ) み

鬼灯市

鬼灯市(ほおずきいち) だけど 毎年お参り み