椋鳥、秋の夕

椋鳥(むくどり)は螺髪(らはつ)に集い、秋の夕 み

玄鳥去(つばめさる)

燕の巣が空(から)だ。腕を摩(さす)る朝 み

蚯蚓(みみず)

鳥たちよ乾涸(ひから)びたミミズ美味(うま)いか み

夜鷹

夜鷹(よたか)啼く空にそれほど自由なし み

緋水鶏

緋水鶏(ひくいな)は空耳(そらみみ)か休耕田に の

白鷺

白鷺(しらさぎ)の立つ水田にひかり揺れ の

雀の子

ベランダで吾(あ)の悪口を雀の子 み

鶯(うぐいす)の歌詠めずにアトピー出る み

鷹化して鳩と為る

宮鳩に目つき険(けわ)しはもと鷹か み

白鳥帰る

勝者のごと全て持ち去れ白鳥 み

寒風

寒風にペンギンになり初電(しょでん)待つ み

晨風(あさかぜ)

晨風(あさかぜ)の自由落下300km/h(さんびゃっきろ) み

ジーランドの鴨が守銭奴(しゅせんど)を嗤(わら)う み

寒卵

コッコココ 寒卵(かんたまご) まだ温(あった)かい み

凍鶴

凍鶴(いてづる)よ もっと南に渡らぬか み

律の調べ、鸚哥

鸚哥(いんこ)迷い来て 律(りち)の調べ ループ み

雁帰る

弱りし友残し雁帰る 無情 み

寒雀

ジョナサンと名付けし寒雀(かんすずめ)の 骸(がい) み