薄氷、寒波

薄氷(うすらい)に寒波の空が歪(ゆが)み照る み

霜夜

六等星まで見えてたあの霜夜(しもよ) み

冬日

爪半分が紫色の冬日(ふゆび) み

白驟雨

びしょ濡れで言い訳は何? 白驟雨(はくしゅうう) み

星月夜、風白し

星月夜、乳の匂いの白い風 み

台風

音もなく狂う台風、二重窓 み

初嵐

婆さんの髪掻き乱し初嵐 み

熱帯夜

熱帯夜、ランナーひとり靄(もや)の中 み

梅雨(ばいう)

巨樹を背に梅雨(ばいう)の雫(しずく)が手にある み

名残の雪

なぜこれが『名残の雪』とわかるのか み

桜前線

桜前線にそわそわ。ジャパニーズ! み

綿雪

綿雪か…漆(うるし)の椀に受けてみよ み

冴返る

冴返(さえかえ)る、『三寒四温』の裏切り み

冬銀河

灯台を仰ぐ遥かに冬銀河 み

冬北斗

冬北斗、撮らば社内報に寄稿 か

寒気

寒気 今季一番 五日連続 み

寒落暉

太陽の丸さが怖い寒落暉(かんらっき) み

天狼

天狼(てんろう)に導かれ 砂漠を四駆(よんく) み

二十三夜

月虹(げっこう)か二十三夜の滝裏に み

片時雨

「降っとる?」 「降っとらん」 それは 片時雨(かたしぐれ) み

月食

月面に地球の影や赤銅(しゃくどう)の み

流星

「流星や」 指さしても 誰もいない み

夏雲

夏雲三兄弟 今日は次郎か み

旱(ひでり)、涸(か)れ井戸の底から万華鏡(まんげきょう) み

梅雨明け

「梅雨明(つゆあ)け」と宣言があり梅雨明(つゆあ)ける み

極夜明く

地平の隙(すき)に閃光(せんこう)、極夜(きょくや)明ける み

冬空

冬空のレナード 還(かえ)りこぬ軌道 み <レナード彗星は、これから2022年1月3日に近日点を通過、双曲線軌道のまま再帰しない>

北風(きた)、西高東低

北風(きたかぜ)や オホーツクに 『低(てい)』 『低(てい)』 『低(てい)』 み

秋の夜

秋の夜空 Fomalhaut(ふぉーまるはうと)は孤独 み

夜長

日入りて夜長(よな)が そして… 灯消して夜更(よふ)け み