深山茜

深山茜(みやまあかね)とまり リュック軽くなる み

誘蛾灯

「君は誘蛾灯(ゆうがとう)」 なにそれ意味不明 ま

台風一過、迷い蝶

台風過ぎ 迷い蝶か 翅(はね)裂けて み

船虫

岩踏むと わっ船虫だ ガササササ み

蚯蚓(みみず)

鳥たちよ乾涸(ひから)びたミミズ美味(うま)いか み

起き抜けに気後れするや蝉の翅(はね) ま

その歌のあと、幾つもの蛍(ほたる)飛び み

蟻の列

蟻の列、歴史の岐路に逡巡(しゅんじゅん)す み

蝸牛

蝸牛(かたつむり)、おまえは化石になるのか み

五月蠅(さばえ)、網戸

五月蠅(さばえ)飛んで 網戸とガラスの間(あいだ) み

李の花、蜂

養蜂(ようほう)の箱が並(なら)べば李(すもも)咲き み

ロベリア、蝶

ロベリアにどちらが蝶か花弁(はなびら)か み

春蝉、春セーター

春蝉がとまるセータ女子高生 み

春の蚊

春の蚊か気配探れば耳鳴りよ み

凍蝶

窓の溝に凍蝶(いてちょう)いて閉められず み

蓑虫

蓑虫に、赤・青・黄の毛糸着せる み

秋桜、秋の蜂

コスモスに来る蜂は 花粉が目当て み

浅葱斑、秋晴

浅葱斑(あさぎまだら)に 500Km(ごひゃくきろ)の秋晴れ み

蟷螂

蟷螂(かまきり)に「カワイイ!」と言うは正見(しょうけん) み

蝗、佃煮

蝗(いなご)の佃煮(つくだに)出て 静かならずや み

韮の花、秋の蝶

韮(にら)の花 蜜吸う蝶は 風に耐え み

赤蜻蛉

左中間 赤蜻蛉(あかとんぼ)来る 巨人戦 み

蜩(ひぐらし)を聞いた気がする自習室 み

繭干す、繭煮る

干して煮て蛹(さなぎ)殺して繭糸(けんし)繰る み

蠅捕蜘蛛

蠅捕蜘蛛(はえとりぐも) 昨日(きのう)の朝の お前か? み

蝶蜻蛉

蝶蜻蛉(ちょうとんぼ)のメタルの翅(はね) あったらな み

空蝉

空蝉(うつせみ)を集めるは自由研究 み

紫陽花、蝸牛

紫陽花(あじさい)咲くも 蝸牛(かたつむり)、何処(どこ)行った み

黄金虫

黄金虫(こがねむし)の知らせ 換字(かえじ)にて読める み

朝露、八丁蜻蛉

朝露(あさつゆ)纏(まと)い 飛ぶか 八丁蜻蛉(はっちょうとんぼ) み