潮干潟、蟹

蟹釣れば 護岸は薄暮(はくぼ) 三番瀬 み

弘法麦

波風(なみかぜ)に耐え 弘法麦(こうぼうむぎ)の花穂(はなほ) み

春一番

春一番に祖父は漁から戻る み

雪風巻

突堤の赤灯台で雪風巻(ゆきしまき) み

高潮

高潮に 軽トラ2台 鯱立(しゃちょこだ)ち み

秋の浜

秋の浜 反省もなく波寄せる み

海月、海水浴

君にもあったか 膝に海月(くらげ)の痕(あと) み

夏の月

夏の月 浅瀬に手振る肌 蒼(あお)し み

ヨット

双眼鏡の中 うねり、帆も隠れ み

日焼止め

日焼止め だけが身を守る 海辺に が

皮剥

大針に釣れし皮剥(かわはぎ)おちょぼ口 み

夏の雲

灯台の展望に出て夏の雲 み

東風、凧

不細工な凧 千切れ飛ぶ 東風(こち)の浜 み

春の波

春の波 海金剛の名に違(たが)う み

防風

半島の縁(ふち) 防風を辿(たど)りし日 み

波の花

波の花 洗車の手間はヘドロ並み み