朝凪(あさなぎ)

洋上の風車(ふうしゃ)は愚図る朝の凪(なぎ) み

船虫

岩踏むと わっ船虫だ ガササササ み

夏の日

夏の日沈み裾濃(すそご)めく藍の海 み

海の家

浪裏(なみうら)の壁画も新(あら)た海の家 み

南風、パラソル

砂浜にパラソル刺さる南風(まぜ)の朝 み

月涼し

月涼し足を擽(くすぐ)る浜の波 み

夏の霜

金属探知器で撫(な)でる夏の霜 み

潮干潟、蟹

蟹釣れば 護岸は薄暮(はくぼ) 三番瀬(さんばんせ) み

弘法麦

波風(なみかぜ)に耐え 弘法麦(こうぼうむぎ)の花穂(はなほ) み

春一番

春一番に祖父は漁から戻る み

雪風巻

突堤の赤灯台で雪風巻(ゆきしまき) み

高潮

高潮に 軽トラ2台 鯱立(しゃちょこだ)ち み

秋の浜

秋の浜 反省もなく波寄せる み

海月、海水浴

君にもあったか 膝に海月(くらげ)の痕(あと) み

夏の月

夏の月 浅瀬に手振る肌 蒼(あお)し み

日焼止め

日焼止め だけが身を守る 海辺に が

夏の雲

灯台の展望に出て夏の雲 み

東風、凧

不細工な凧 千切れ飛ぶ 東風(こち)の浜 み

春の波

春の波 海金剛の名に違(たが)う み

防風

半島の縁(ふち) 防風を辿(たど)りし日 み

波の花

波の花 洗車の手間はヘドロ並み み