白靴、素足

白靴(しろぐつ)にアンクルパンツは素足(すあし)よ ま

夏至夜風

夏至夜風、石段下る下駄の音 ま

パナマ帽

似合わないが買ってしまえパナマ帽 み

衣替

衣替え、買ったまま着てない服や ま

春終わる、汗

ワイシャツの背の汗ぞ春終わりける み

春蝉、春セーター

春蝉がとまるセータ女子高生 み

春雨

春雨(はるさめ)に赤い傘借りる躊(ためら)い み

春陰

春陰(しゅんいん)には桃色牡丹の紬(つむぎ) ま

春暑し、単衣

お誘いに単衣(ひとえ)を試す春暑し ま

春や フレンチネイル 部長は女性 が

彼岸時化

追いかけて下駄を滑らす彼岸時化(ひがんじけ) ま

料峭

料峭(りょうしょう)にまたダウンとか着てる姉 ま

針供養

善哉(ぜんざい)をシャツにこぼした針供養 み <2022年、今年はぜんざいのふるまいは中止かな>

寒紅

「寒いのか、唇赤い」 「寒紅(かんべに)よ」 み

通し矢

振袖に襷掛(たすきが)けキリリ通し矢 み

マフラー

マフラー新調も 巻き方は昭和 み

スキーウエア、凍つ

ごみ出しにスキーウエアを凍てる朝 み

凍雨、コート

このカシミヤコート 凍雨(とうう)を凌ぐか み

ジャンパー

叔父のジャンパー着た 煙草の匂いだ み

青北風、縮緬

縮緬(ちりめん)着たると 青北風(あおぎた)寒からず ま

小春日

小春日をT(てぃい)シャツで往く異邦人 み

秋袷、紅絹

秋袷(あきあわせ) 紅絹裏(もみうら)使い 世代経た ま

アロハシャツ

アロハシャツ 雑踏の皆 我避(よ)ける み

サンダル

サンダルが片方熔(と)けるアスファルト み

日焼止め

日焼止め だけが身を守る 海辺に が

夏帽子

百葉箱の白、キャペリーヌの白 み

衣紋竹、紗

衣紋竹(えもんだけ)の紗(しゃ)が揺れて モアレ霊(くし)ぶ み

浴衣

浴衣から放たれる、熱(いき)り・ 熱(ほとぼ)り み

難有(なんあり)も 絽(ろ)がお手頃で 有難(ありがた)し ま

葦簀、日傘

葦簀(よしず)より透け見ゆ 日傘まわす君 み